アートとデザイン

影絵と剣舞がステージ上で融合したダイナミックな活劇「龍と牡丹」


「自分自身の影と戦う」というファンタジックな設定を、ライブならではの迫力と、映像効果によるスピーディーな動きの「いいとこどり」で再現した、劇団朱雀2代目の早乙女太一さん演ずる剣舞「龍と牡丹」の動画です。


YouTube – 早乙女太一☓チームラボ [吉例]新春特別公演「龍と牡丹」-剣舞/影絵-

影絵も早乙女太一さん本人の演技によるもの。ぴったり動きを合わせるまでの苦労を考えるとまさに感嘆ものの舞台となっています。

関連記事

銃撃戦ショートフィルムの奇才、Freddie Wongの「ワンマン・ギター・アーミー」 – DNA

日本刀で野菜を真っ二つにする瞬間をスローモーションで捉えた動画いろいろ – DNA

少林寺の僧侶が投針術でガラスをぶち破るところをハイスピード撮影で捉えた動画 – DNA

科学の勝利、Kinectを使って1人でも「アルゴリズム行進」を楽しめる – DNA

剣の先にカメラを取り付けて振り回すとどのように見えるのか?が分かる動画 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧