世界のびっくりニュース

その数600回以上、ご近所から物を盗みまくっていた窃盗猫の動画


文字通りの「泥棒猫」の正体がとうとう判明しました。ご近所からありとあらゆるものを600回以上も盗んで隠していたネコの正体が、この度暗視カメラで捉えられ話題を呼んでいます。


カリフォルニア州サンマテオの閑静な住宅街。しかしここでは最近600回以上の空き巣が発生しており、住民の頭を悩ませていました。

泥棒は相手を選びません。子どもからでも容赦なく盗むという極悪っぷり。

しかしとうとう、その正体が判明しました。それがこの猫「ダスティ」。

ダスティは昼間は普通の飼い猫ですが、夜になると外に出て獲物を探すのです。

最近、暗視カメラによって捉えられた仕事中のダスティ。

その戦利品は、タオル、手袋、ぬいぐるみ……と様々。

一晩最高11個もの物を持って帰ってくることがあったそうです。

靴を片方盗ってきたら、さらにもう片方ももって帰ってくるという周到さ。

一番のお気に入りは外に干されている水着だとか。

近所の人は特に怒っておらず「物がなくなったらダスティの飼い主さんのところに行けばいい」くらいに思っているそうです。

動画はこちらから。
YouTube – Cat "Burglar" on Feline Stealing Frenzy

こちらは夜出て行くダスティを捉えたドキュメンタリーの動画。
YouTube – The Klepto Kitty

こうした泥棒猫はもちろんダスティが初めてではありません。イギリスの泥棒猫、フランキー。ご近所から35対ものぬいぐるみを盗みまくっていた札つきのワルでした。

猫用ドアから獲物を押し込むフランキー。

2008年12月、ぬいぐるみをためこんでいたのを飼い主が発見、現在ポスターで元の持ち主を探しているところです。

ソース:‘Klepto Cat’ caught stealing over 600 items on video camera

Frankie the feline exposed as the cat burglar stealing toys from his neighbours’ homes | Mail Online

関連記事

現場を激写、これが本当の「泥棒猫」だ! – DNA

「絶対離さないニャ……」とばかりに力いっぱいテディベアを抱きしめる猫のムービー – DNA

猫がけんかをしていると犬が仲裁にやってきた – DNA

ある雪の夜、猫と人間のちょっとあったかい情景 – DNA

お菓子につられてものすごく単純なワナにひっかかってしまう女の子の動画 – DNA

どんな泥棒にも決して手が出せない、究極の自転車盗難対策ロック – DNA

ソフトウェアのライセンスを違法共有サイトに1回アップすると77万4千651回コピーされる – DNA

車のエンジンを盗まれた男性、「売ります・買います」掲示板で犯人を見つけ出して「復讐」 – DNA

ノートパソコンの内蔵カメラで泥棒の顔を撮影・自動で持ち主に送信する罠ソフトが大活躍 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧