世界のびっくりニュース

「デトロイトにロボコップの銅像を!」運動に約480万円の募金集まる


先日、ロボコップの銅像を建ててデトロイトの観光資源にしよう!という意見が丁重に却下された、というニュースをお伝えしました。まぁ冗談だよね、と思っていたらどっこい、有志はめげずにプロジェクトサイトをスタート、寄付を募ったところ現在までに5万8千ドル(約480万円)もの寄付が集まっています。映画と同じようにロボコップは街を救うことができるのでしょうか?


寄付を募っているのは、デトロイト市のNGO「Imagination Station」。1988年に廃止されたミシガン中央駅周辺を様々なアートイベントによって活性化しようというグループです。

デトロイト市は自動車産業が盛んな街でしたが、折からの不況により市中央部の空洞化が進行、市長は市内に居住する公務員に手当てを出すなど人口流出対策を次々と打ち出しています。

前回お伝えしたとおり、アメリカ東部のフィラデルフィア州には「ロッキー」の銅像があり、観光資源として活躍しています。もしロボコップの銅像が実現すれば、周辺の広いスペースを活用したSFコンベンションの誘致などデトロイトならではの観光・集客ができそうです。

建立予定地はミシガン中央駅を望むこのあたり。


View Larger Map

銅像だけでなく版権利用料も必要になるため、5万8千ドルで間に合うかどうかは微妙ですが、こうしたポップカルチャーが町おこしとして有効に働くこともあるのは日本で実証済み。今後の動向が楽しみです。詳しい計画は以下のサイトからどうぞ。

Build Robocop in Detroit!

関連記事

デトロイト名物・ロボコップの銅像は「建てる予定が無い」と市長がTwitterでコメント – DNA

「スナッチャー」「メタルギア」シリーズの生みの親、小島秀夫氏がネットで当時の設定資料を公開 – DNA

2つのアメコミキャラクターを1つの絵に込めたイリュージョン画像 – DNA

まさにロボコップ、軍用強化外骨格「XOS2」のかっこよすぎる動画 – DNA

あのアンドロイドに似たロボットが登場するSFスリラー?映画「Blinky」のティーザー動画 – DNA

空を飛び子ども達に襲い掛かる一反木綿型ゴーストの自作ラジコンの動画 – DNA

「人類史上最強」のボウリング・ロボットが人間のボウラーに負けた意外な理由 – DNA

ロボットサイエンスがまた1歩進化、今度は「タオルを折れるロボット」が誕生 – DNA

ウクライナで行われた「国際ボディーガードコンテスト」の画像 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧