アートとデザイン

ニューヨークの地下鉄の動きを環境音楽に変えてしまったインタラクティブなアート「MTA.me」


実際のニューヨークの地下鉄の時刻表通りに点が動き、その軌跡が音を奏でるという不思議な雰囲気のアートです。街を音楽にするというのは面白いですね。


アニメーション部分はHTML5とJavascript、音はFlashで出力されており、地下鉄の時刻表は交通局のAPIから取得しているとのこと。時間の経過とともに動きが速くなり、夜になると色が変わります。

地下鉄の地図はアメリカのデザイナー、マッシモ・ヴィネッリが1972年に製作したもの。
YouTube – Massimo Vignelli and his 1972 NY Subway map

東京の地下鉄だと忙しすぎてあんまり環境音楽っぽくならないかもしれませんね。

ソース:MTA.ME

関連記事:

カップのサイズが音名に対応、下着モデルを歌わせるシンセサイザーのFlash「The Cup Size Choir」 – DNA

「Googleアプリ」の機能だけを使って作られたものすごくスペクタクルなアニメーション – DNA

スター・ウォーズの名脇役「R2-D2」の最も心温まるコスプレとヨーダ犬のコラボ動画 – DNA

ハイスピードカメラを使って列車からホームを撮ると「マシンガン撮影」風の動画になる – DNA

ヘイ・ジュード・フローチャート – DNA

メトロノームが気になるけど怖くて手を出せない猫の動画いろいろ – DNA

スターウォーズと他の映画がコラボしたポスターはこうなるはず、というアート – DNA

鉛筆の芯を細部にいたるまでリアルな感じにミニチュア加工しているアート – DNA

トイレットペーパーの芯から作られたとても幻想的なミニチュアアート – DNA

口汚くデザインについてアドバイスしてくれるサイト「Good Fucking Design Advice」 – DNA

次世代宴会芸:「スーパーマリオのテーマ」をピアノで弾くための楽譜とコツ – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧