世界のびっくりニュース

ラスベガスの地下水路を自分の家にしてしまった人々の画像


ラスベガスはカジノが並ぶ華やかな街。しかし、その地下にある水路には貧困などの理由から家を失った人が部屋を作って住み着いているそうです。いったいどのような暮らしを送っているのでしょうか。


水路の入り口。地下水路は総延長約320kmで、そこに家具を持ち込んで暮らしている人が約1000人ほどいるとのこと。

中は真っ暗。

ここに5年ほど住んでいるというカップル。カジノのスロットマシンに置き去りにされた小銭を拾って生活費にしているそうです。

洪水の際に水を逃がす水路なので常に水が流れているわけではありません。しかしときたま水位が上がることがあり、こうして底上げしておくのがとても重要なのだとか。

赤ちゃんを亡くした後、麻薬におぼれて財産を失ったという女性。ラスベガスは仕事が多いということで来たものの、野外で生活するのを強いられているとのこと。

子どもの姿は見えませんが、ぬいぐるみなどのおもちゃがあることから住んでいるのは間違いありません。

この様子を取材した作家のMatthew O’Brien氏は、こうした人々を支援するために「Shine A Light」という基金が設立しました。

夜のラスベガス。華やかなだけではない一面も持っているようです。

ソース:Las Vegas tunnel people: How 1,000 people live under shimmering strip | Mail Online

関連記事:

ソース:Las Vegas tunnel people: How 1,000 people live under shimmering strip | Mail Online

関連記事

ネット掲示板で起きた奇跡、「黄金の声」をもつ男性がホームレスから一躍スターへ – DNA

とってもセクシィなのになんだか残念な気持ちになるホームレス – DNA

「迷惑メール業者を訴える」のを商売にしてしまった男性が登場 – DNA

立ち退き・地上げにたった一軒で抵抗している家の画像いろいろ – DNA

いろいろな意味で、人生が終わってしまったと思わせる写真 – DNA

さすが神秘の国・中国、とても危険な方法でヘアカット – DNA

アメリカのどこで今一番呪い・罵りの言葉が吐かれているかが分かる地図 – DNA

法定量の32倍のアルコールが呼気から検出された男、15頭の羊と共に酔っ払い運転で逮捕される – DNA

南米・ペルーの奥地で、今まで知られていなかった「幻の部族」を発見 – DNA

[閲覧注意]「死の山」エベレスト、高度8000mに放置された登山者達の遺体 – DNA

豪華絢爛な民族衣装や化粧を身にまとったアフリカの王様や酋長の写真 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧