アートとデザイン

いかにも寒々しい冬のバス停をうまく使ったナイスな広告


寒い冬に屋外でバス待ちをするのはイヤなものですが、そんな冬のバス停を上手く利用した広告です。目で見るだけでなく寒さを肌で感じながら見ると、確かに効果がありそうです。


これは、アメリカ・ミネソタ州ミネアポリスのコーヒーチェーン、カリブー・コーヒーの新製品の屋外広告。天井のヒーターを上手く利用しています。

肌寒い日にこんなのを見たらたまりませんね。

ソース:Caribou Coffee Installs a Toaster Oven Bus Stop Display | Foodbeast Caribou Coffee Installs a Toaster Oven Bus Stop Display | Because We’re Hungry.

関連記事:

強くなれそうな気になってしまうクリエイティブな空手教室の看板 – DNA

隠れた人気コンテンツ、クリエイティブかつユニークな「404ページ」33選 – DNA

「絶対に聞き間違えさせない」アウディのサウンドデザイナーの取り組みがすごい – DNA

バス停のゲーム機でハイスコアを争う「Yahoo! Bus Stop Derby」で街全体がゲームセンターに – DNA

最後であっと驚く急展開を見せるミントガムのコマーシャル動画 – DNA

有名企業のロゴをミックスしてみたら、意外とおもしろい仕上がりに – DNA

「あなたの子供が何を見ているかしっていますか?」ポルノから子供を守るよう親に警告しているポスターが秀逸 – DNA

カップのサイズが音名に対応、下着モデルを歌わせるシンセサイザーのFlash「The Cup Size Choir」 – DNA

発想の転換!?「夕食には骨なしチキン」と銘打った画期的な広告 – DNA

ドアも鍵も侵入者を防ぐには十分ではないのか……と思わされてしまう秀逸な広告 – DNA

目に見えない「空気」がきれいなことをうまく宣伝しているビルボード広告 – DNA

見事にセキ止め薬が必要なことを表現している広告 – DNA

広告クリックの85%は、わずか8%のネットユーザーによって生み出されている – DNA

挑戦的なメッセージでいっぱいのペプシの広告画像25枚とムービー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧