科学と技術

旧ソ連製の試作レーザー砲戦車「1K17」のかっこよすぎる画像いろいろ


旧ソ連の戦車というだけでもワクワクするのに、なんとレーザー砲塔を搭載している試作戦車の画像です。ソ連崩壊のドサクサでお蔵入りしてしまったものなのだそうですが、実用化されていたらこれがヨーロッパの平原をわらわら走ってくるかと思うとたまりません。


「レーザー砲」戦車といっても何かを燃やすものではなく、光学センサーや人間の網膜などに照射して無力化するためのもの。戦車部隊と一緒に行動して、天敵・対戦車ヘリの光学照準装置を破壊するというコンセプトで作られたようです。

同時期にアメリカでは核ミサイルを人工衛星からのレーザーで撃墜する戦略防衛構想、いわゆるスターウォーズ計画が進行しており、この戦車は当時のソ連の兵器のなかでも最高機密に属するものだったそうです。

西側でのコードネーム「1K17」と名づけられた試作レーザー砲戦車。これがSFっぽくなくて何がSFかと言わんばかり。

この車体はモスクワ近郊の軍事博物館に展示されているもの。キャタピラ横の装甲ははがされてしまったのでしょうか。

昆虫の複眼のようなレーザー照射器。ワルモノ感満点です。

こちらは1K17のベースとなったレーザー砲戦車「1K11 Stilletto(短剣)」。核攻撃の爆風を意識した低い車体がソ連です。

ちなみにこちらは2010年2月、アメリカ国防省が空中発射レーザーによるミサイルの撃墜実験。追尾用、誤差測定用、撃墜用と3回レーザーを発射して、ミサイルがアメリカに届く前に撃墜するという最新兵器です。
YouTube – Airborne Laser Knocks Down Test Missile YAL-1: 11 Feb 2010

少し前なら冗談のような技術がどんどん実用化される現代、次はどのような兵器が開発されるのでしょうか。

ソース:Самоходный лазерный комплекс 1К17 «Сжатие» (фотодетализация)

1K17 – Wikipedia

関連記事

武骨だけれどそれがいい、東側諸国のスナイパーライフルいろいろ – DNA

ロシアで1941年の「赤の広場」での軍事パレードを再現 – DNA

「第9中隊」 – ロシア史上空前の規模でアフガニスタン紛争を描く戦争ドラマ – DNA

[閲覧注意]B級映画スタジオから軍の訓練機関へ、ハリウッドの技術が米軍の訓練を支援する – DNA

急所を爆風から守るための「軍用防弾パンツ」 – DNA

完全防水・耐熱・トラックに踏まれても大丈夫な究極のUSBメモリ「LaCie XtremKey」 – DNA

まさにロボコップ、軍用強化外骨格「XOS2」のかっこよすぎる動画 – DNA

モジュラーレシーバーシステムを採用したコルト社の新型自動小銃「CM901」がデビュー間近 – DNA

夢のコラボ、ダニエル・ディフェンス社とヴィッカーズ・タクティカルによる射撃教習DVDのプロモ動画 – DNA

傑作冒険小説「極大射程」シリーズ最新作「Dead Zero」を著者自らがYouTubeムービーでプロモーション – DNA

「女性兵士は戦闘に参加してはいけない」と国防省が決定した理由 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧