世界のびっくりニュース

パクリ疑惑のある中国車とオリジナルと思われる自動車との比較画像


今や自動車の販売台数、生産台数ともに世界一となりモーターライゼーションが加速している中国ですが、実情はいろいろと問題があるようです。その中でも、特にわかりやすいのは車のデザインのパクリ疑惑のある中国車とオリジナルと思われる自動車との比較画像です。


いずれも上が本物ですが、もうどっちがどっちやらさっぱり分かりません。

「スマート」とスマートっぽい中国車。これは、違いを見つけるのが難しいかも。

ドイツのバス車体メーカー「ネオプラン・ Starliner」とZonda A9。確かにソックリです。

「日産・X-TRAIL」とGreatwall Sing。

「BMW 7」と BYD F6。高級感が違う気がしますが、何となく似ている機もします。

「トヨタ・プラド」と Dadi Shuttle。特にヘッドライトが似ている印象。

韓国の自動車メーカー「GM大宇・マティス」 vs Chery QQ

BMWにそっくりなロゴもあるようです。

ソース:Chinese “Look-Alike” Auto Industry

関連記事:

自転車乗りが仕掛ける、男性ドライバーにとってとても危険なトラップ – DNA

ぼくらの自動車に足りないもの – DNA

旧東ドイツの名車「トラバント」と旧西ドイツの名車「BMW」を合体させたらアドルフ・ヒトラーっぽくなった – DNA

自由の国アメリカでも、この乗り物で登校すると停学になるらしい – DNA

歴史の闇に消えていってしまいそうな自動車・バイクのエンジン10選 – DNA

「絶対に聞き間違えさせない」アウディのサウンドデザイナーの取り組みがすごい – DNA

船や飛行機、家など超巨大なものを運んでいる写真いろいろ – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧