ネット・PC

各国政府からGoogleへの削除依頼をまとめたサイト「Transparency Report」


Googleは苦情に基づき検索結果やYouTube動画などのデータを削除していますが、そのうち政府や裁判所など国家機関の依頼によって何がどれくらい削除されたのかGoogle自身がまとめているのがこの「Transparency Report」。Googleマップを使ったとても分かりやすい一覧になっています。2010年1月から6月まで日本からの依頼で7件の検索結果を削除しているようです。


マップ中の左上に依頼があった国のリストがあります。また、各国の地図上にあるバルーンをクリックするとその国の依頼件数と、何の削除を依頼したのかおおよそのことが分かります。

地図右上で期間が設定できます。今回は2010年1月から6月までのデータを参考にしています。

日本。56件の情報開示請求と7件の削除依頼。31件のデータが削除され依頼達成率は100%。ちょいちょいデータを削除しているようです。

アメリカ。削除依頼件数、削除件数ともに1番。さすがアメリカといった感じ。

中国。政府介入により数値を公表できないとのこと。こちらもさすがです。

また、このページのGoogleロゴに下にあるリストの「Traffic」をクリックすると国別、Googleのサービス別にデータトラフィックを見ることも出来ます。

ソース:Google Transparency Report: Government Requests

関連記事:

「Nexus One」の販売サイト跡地が、世界中で発売されているAndroidフォンの比較検討サイトとしてリニューアル – DNA

大麻(マリファナ)の地域別末端価格がよくわかるGoogleマップ – DNA

Googleにイスラム教、キリスト教、ユダヤ教、仏教の信者の評判を聞いてみた – DNA

Googleアイコンの意味するところ – DNA

アメリカで「あらゆるマクドナルドから一番遠い場所」はこんな感じだった – DNA

Googleストリートビューで見かけた9個の奇妙な風景 – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧