ゲーム

AR(拡張現実)技術で自分の街を戦場にできるiPhone用3Dシューティングアプリ「Star Wars Arcade: Falcon Gunner」の動画


スターウォーズ・エピソード4で、デススターから脱出したルーク達が追いすがる帝国軍の戦闘機をミレニアム・ファルコン号のブラスターで撃墜するシーンをそっくりそのまま再現したiPhoneアプリ「Star Wars Arcade: Falcon Gunner」が今月下旬に公開されます。通常背景だけではなく、背面カメラに写っている風景をリアルタイムでゲームの背景にできるので、自分の街を戦場にすることも可能となっています。動画は続きから。


「Star Wars Arcade: Falcon Gunner」はVertigore社が開発中のアプリ。もうすぐiTuneストアで公開されるとのことです。

こちらがゲーム画面。iPhoneの動きにあわせてぐるんぐるん回ります。見慣れた風景だとより臨場感が高まりますね。

YouTube – Star Wars Augmented Reality: TIE Fighters Attack NYC!

ちなみに通常の3D背景に切り替えて遊ぶこともできます。

ニンテンドー3DS版「ラブプラス」でもAR技術は取り入れられそう。現実とゲームの境界がだんだん低くなっていくような気がします。

ソース:Augmented Reality and Full Immersion Gaming – Vertigore

関連記事

まさにAmazonの「戦略兵器」、維持費無料の3G回線でやりたい放題できる「Kindle 3G+Wi-Fi」ハードウェアレビュー – DNA

ノキア、アップルなど携帯電話の複雑怪奇な特許訴訟合戦をまとめた図 – DNA

iPhone vs Android vs Blackberryユーザーを偏見に満ちすぎた目でイラストにするとこうなる – DNA

ドコモ回線で利用できる「SIMフリー版 iPhone 4」などのスマートフォン本体と日本通信のSIMカードがセット販売へ – DNA

iPhoneは本当に人気があるのか比較検討したイラスト – DNA

よく分かるNintendo 3DS版「ラブプラス」新機能予想まとめ – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧