アートとデザイン

なぜか似ている、売春宿の部屋と刑務所の独房をテーマにしたミニチュアハウス


罪を償うための刑務所の独房と、快楽を追求するための売春宿の個室。全く正反対のような気がしますが、このようにドールはうすにしてみるとなぜだか雰囲気似ており、なんだかとても不思議な感じがしてしまいます。


まずは売春宿の部屋をミニチュアハウスにしたもの。



痛そうな道具が壁にかかっていますが、これはいわゆるサド&マゾな部屋ですね。

そしてこちらが刑務所の独房のミニチュア。左下の魚の骨のようなものは暖房用のヒーターですね。





生活感がありそうでなさそう、というところが似ているのでしょうか。これらの写真は、ドイツの写真家Jürgen Chill氏の作品です。

ソース:Jürgen Chill

関連記事

世界各国のインターネット回線はどれくらいの速度が出るのか比較したグラフ – DNA

高画質なHDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)加工された動物の写真 – DNA

iPhoneは本当に人気があるのか比較検討したイラスト – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧