エンタメ

期間限定で羽田-マレーシア間5000円、超格安格安航空会社が日本参入


国内旅行でも東京-大阪間の新幹線代だけで1万4000円近くしますが、なんとそれよりも安い運賃で日本からマレーシアまで行けるという格安の航空会社が日本への参入を発表したそうです。また、期間限定で5000円になるという驚きの価格になるというからさらにビックリ。今回の参入によって、今後の航空業界で大きな動きがあるのでしょうか


日本経済新聞社によると、アジア最大規模の格安航空券会社(LCC)の傘下にあるマレーシアの格安航空会社エア・アジアXが、羽田空港とマレーシアの首都クアラルンプールを結ぶ路線を12月9日に開設し、日本に進出すると正式発表しました。

気になる価格ですが、片道料金は大手航空会社の半額程度にあたる1万円から2万5000円に設定。また、キャンペーンとして2011年7月末まではキャンペーン価格として5000円(別に空港税など3000円が必要)という破格の値段でマレーシアに行けるとのこと。このキャンペーンは10月末までにウェブで申し込む必要があります。

予約変更やキャンセルができない、欠航の場合ホテル代自己負担、座席指定ができないなどのデメリットはありますが、受付開始からすぐに完売しそうな予感がするので、格安でマレーシアに行きたい人はダッシュで申し込んだほうがよさそうです。

ソース:格安航空大手、12月9日に羽田―マレーシア就航  :日本経済新聞

関連記事

どの機に乗りたい?世界各国の航空会社40社のスチュワーデス(客室乗務員)の写真 - DNA

荷物の旅、航空会社に預ける手荷物の中にカメラを仕込んで撮影した動画 - DNA

香港航空の女性客室乗務員、酔っ払いの客が増えすぎたのでカンフーが必修に - DNA

壊滅的被害を受けた仙台空港に強行着陸、資材の輸送に米空軍特殊作戦軍団が活躍 - DNA

ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧