「世界一辛い坦坦麺」を食べに「DRAGON RED RIVER」に行ってきた


「激辛専門」のお店はたくさんありますが「激辛で旨い店」というと限られてくるのが現実。いかにも辛そう、というメニューは見た目のインパクトにこだわるあまり味のほうまで気が回っていないことが多いように思います。

そんな中「DRAGON RED RIVER」はごく普通の中華料理店なのにも関わらず「世界一辛い坦坦麺」という挑戦的なメニューを提供しています。「世界一」というのはいったいどれほどのものなのか食べに行ってみました。


「DRAGON RED RIVER」の西宮ガーデンズ店はこんな感じ。すぐ横がTOHOシネマズ西宮OSへのエスカレーターになっているので、映画を見る前に腹ごしらえをするにも便利なロケーションです。

激辛坦坦麺専門のお店というわけではなく、点心、海鮮料理、麺類、炒飯などその他のメニューも充実しているので辛いものが苦手な人でも楽しめるようになっています。

早速メニューを確認。「唐辛子は香りづけなので食べちゃダメ」とのこと。

まず「海鮮あんかけ焼そば」到着。

海鮮と野菜たっぷりのヘルシーメニュー。「まぁこれなら『世界一辛い』っつーてもそこまでとんでもないものは出てこないだろう」と思っていたら……

すげえの来た。

唐辛子山盛りという見た目のインパクトに加え、唐辛子ガスの香りをあたりに放ちまくるので周りのお客さんがドン引きすること間違いありません。

数種類の唐辛子をブレンドして使っている模様。炙って香ばしさと辛さを引き出してあります。要するに「ヤバそう」です。

中身が見えるまで盛り盛りの唐辛子を取り除けて、いざ。

麺はちょっと太めのもの。勢いよくすすると濃厚な唐辛子フレーバーでムセるので気を付けましょう。

途中経過。麺一本を食べるのにすらかなりの勇気が必要ですが、意外と美味しく楽しく食べられます。辛いのですが、きちんと旨みを感じます。

キクラゲか唐辛子か迷う緊張の一瞬。キクラゲでした。ひき肉、キャベツ、ネギ、ニラと結構具沢山でボリュームもあります。

汗を拭きつつ水を飲みつつ、制覇。

ひたすら辛そうなスープ。

唐辛子は全部でこれだけ使用されていました。

単純に辛いだけであまり美味しくない「激辛メニュー」が多い中で、楽しく食べられる限界を攻めつつも坦坦麺として高い完成度を持っています。ボリュームもかなりあり、満足度の高い一品であると思います。

ところで『世界一辛い』の基準が何なのかは残念ながら分かりませんでした。ひょっとしたら「デーモン小暮閣下」の「閣下」みたいなものかもしれません。

DRAGON RED RIVER(ドラゴンレッドリバー)阪急西宮ガーデンズ店 中華|西宮

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧