世界のびっくりニュース

メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎ


アントニオ・ヴァンデラス主演の映画「レジェンド・オブ・メキシコ」では結構寄せ集め的な武器を持った麻薬カルテルの面々がヴァンデラス扮するマリアッチに蹴散らされていた。でもホンモノのカルテルの連中は、ハリネズミのように武装したミニ軍隊になっているらしい。

これは、メキシコとアメリカの国境にほど近い街、イグラスにあった麻薬密売組織ゼタスのキャンプで押収された火器。

アメリカが近いためか、ゲリラがよく持っているAK47ではなくてM16系列の小銃も多数押収された。

おびただしい量の弾薬。

マークの入った帽子。こういう物を用意できるのは、資金が豊かな組織だけ。

薄い装甲なら簡単に貫通する大口径ライフルに、対戦車兵器RPGなどまるで軍隊のような装備の数々。

防弾チョッキなどは軍や警察から流出したものらしい。どれだけ腐敗しているのだろう。

当然のごとくナンバープレートを外された車両。。

ヴァンも武器で一杯。

40mm榴弾や手投げ弾などの爆発物。

拳銃などは当たり前のように出てくる。

手前にあるのは無線機と充電器。

片付けても片付けてもキリがない。

ちなみにこちらは7月4日の独立記念日を祝うアメリカの愛国者、と題された画像。向こうの愛国者と言えば武装する自由を強く主張する人達なのだけれども、それがよく表われている。
Greatest 4th Of July Ever! [Pic] | I Am Bored

どっちの人種にしても、すぐにピストルを持ち出すような人達とはまともに話ができるとは思えないのだけれどもね。

ソース:Look what they found near the Texas and Mexico border | Politics & Capitalism

関連記事

メキシコの麻薬カルテルと公的機関の相関図が巨大すぎて大変なことになっている – DNA

人が多すぎて環境が悪すぎるブラジルの刑務所の画像いろいろ – DNA

ウクライナで行われた「国際ボディーガードコンテスト」の画像 – DNA

職人がものすごい手作業で銃を密造しているフィリピン・ダナオの「密造銃集落」の画像 – DNA

対ゾンビ最強兵器となるか?「斧+ライフル」の画像いろいろ – DNA

様々な拳銃やアサルトライフルの内部をCTスキャンで撮影した画像色々 – DNA

モジュラーレシーバーシステムを採用したコルト社の新型自動小銃「CM901」がデビュー間近 – DNA

武骨だけれどそれがいい、東側諸国のスナイパーライフルいろいろ – DNA

さてこれはなんでしょう?囚人が作り出した驚くべき19個の道具 – DNA

傑作冒険小説「極大射程」シリーズ最新作「Dead Zero」を著者自らがYouTubeムービーでプロモーション – DNA

神室町がなんだかバイオハザード状態になってしまっている「龍が如く OF THE END」東京ゲームショー公開ムービー – DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧